_MG_2559

いつもありがとうございます。
起業家コンサルタントの鈴木英広です。

土曜日は花井さん主催の「稼ぐ主婦セミナー」に
ゲスト参加してきました。

_MG_2559

全国から約170名ほどの女性が秋葉原に集結していまして
そのうち、インターネットビジネス初心者という人は

7割くらいはいらした感じです。

それだけの数、しかも女性だけが一堂に会する場に
参加したことは、たぶん私の人生で初です。

昼過ぎからトークセッションがあったこともあり、
私はスタートの11時から女性講師の方々5名の講演を

セミナー終了時刻まですべて聴いておりました。

全体を通して純粋に感じたことは、世の中には
あんなにも稼ぎたいと思っている女性がたくさんいるということです。

目の前で見ると、リアルに感じますね。

あるところのリサーチによると、

妊娠出産時に、それまで勤めていた先を辞めたという女性は
約8割と言われています。

その一方で、夫の収入だけで満足している、
生活していけるという世帯は

全体の1-2割とも言われていますので
むしろ当然かもしれません。

特に、お子さんが小さいときに
時間を共にしたいと考える女性は多いので、

自宅でお子さんと一緒に過ごしながら
自分で時間をコントロールしてお金を稼ぐことができる、

そして、外に働きに出るよりも
多くの額を稼ぐことができる可能性に満ちたインターネットビジネスは

とてつもなく魅力に溢れていますよね。

こういうのって正直なところ自分がその立場でなかったり
そういうを専門に研究している機関にでも勤めていないと

普段敏感でないと思うんです。

・私自身が女性ではなく男性であること
・結婚した経験はあっても、妊娠出産によって仕事を辞めた経験がないこと
・会社勤めなどではなく既に3年以上に渡って独立をした起業家であること

などからしたら、どう考えても意識していないと
鈍感になってしまいがちです。

とはいえ、うちにもだいたい45名ほどの女性が所属しているので、
積極的に女性の現状を伺っていかねばです。

そして、まだまだ出来ることはあるなと感じた次第です。

あっ、1点だけ。

トークセッションの中で、

「奥さんがインターネットビジネスをやりたいと言ったら?
ぶっちゃけ賛成ですか?」

というものがありました。

私は賛成とか反対とかなくて、

自分が人生を共にしたいと思って、相手も自分と共にしたいと思ってくれた女性が
やりたいと言ったことを応援できないなんて

男として格好悪いと思う。

という主旨の回答をしたのですが、

世の中の男性陣は、ぶっちゃけたところ
どのような意見をお持ちなのでしょうか?

別にそれがインターネットビジネスに限ったことではないのですが。

今日はここまでー。

【一言】

何においてもですが、事前準備で8割は決まります。

だから、常に先回りして抜かりなくですね。