鈴木英広 ビジネス通信


メールアドレス(必須)

いつもありがとうございます。
起業家コンサルタントの鈴木英広です。

昼間は暖かい日が増えましたね。

新生活が始まるシーズン到来なわけですが
私も今週からまさに新しい生活がスタートしました。

というのも、私の業務の都合で
里帰りから戻ってくるのを1か月延ばしてくれていた

妻と娘が名古屋に戻ってきたためです。

今日で7日目が終わるという感じなのですが
新鮮です。

これで我が家に家族3人+1匹が揃いました。

今まで子どもがいる生活をしたことがないので
というか子育ては初めてなので

なかなかびっくりすることばかりです。

詳細は割愛しますが
男は外で働き稼ぐもので、女が家庭を守るものとか

そういう言葉は真面目に意味がわからないです。
(まあ、時代錯誤ですね)

ちなみにイクメンという言葉も
意味不明です。

私が少しばかり時間を融通できるというのは
もちろんあるのでしょうが

子育てはできる限り夫婦ふたりでするものだと思いますし
(子どもはふたりの宝だから当然ですよね)

旦那が手伝ってくれないとか
ネット上やテレビなどでありますけど

それでは子育ては無理だと感じます。

(無理という言葉は好きではないですが、
極めて難しいと思います)

女性1人に任せきりにするとか
どうやって子育てしているのだろうと。

男が稼ぐのなんて当たり前で
ふたりで子育てをするのも当たり前です。

 

さてさて、毎月半月を過ぎる頃になると
このペースで行くとその月の目標数値が達成するのか

行かないのであれば

現状のまま推移したときの着地見込みと
目標数値との差であるギャップを

いかにして埋めるのかという
修正した行動計画を立てますよね。

それなくして、数値の達成なんて
あり得ないわけですので。

たまにそういうのちゃんとしなくても
感覚でやれてしまう人がいますが

私が思うにそういう人は200人いて1人とか
それぐらいの割合だと経験上は思います。

 

で、そういう話のときによく出てくるのが
行動目標の達成率と数値目標(売上、利益とします)の達成率

というものです。

前述の話だと月中からの話になってしまうので
キリよく月初からと考えてください。

行動目標は仮に今月100品出品する
というものだとします。

数値目標は売上200万円の利益40万円だとします。

もちろん理想は月末までに
行動目標も数値目標も両方達成することなわけですが

(そもそも両方とも月末に未達成で終わろうなんて考えて
誰も立てないですよね)

そうは計画通りに行かないということも
あるわけです。

 

で、当たり前ですが私たちが大事にしなければいけないのは
売上と利益です。

中でも利益です。

ですが、それがなぜだか
行動目標至上主義になっている人が

たまにいるんですよね。

いや、割合的にはかなりかな。

やらないよりはやった方がいいに
決まってるわけですが

行動を目標通り100%やって
数値(利益)が未達なのであれば

そもそも行動目標の立て方(計画)に問題があります。

(ただ、100%やったから見えることがあるので
大きな前進であるのは間違いないです)

 

逆に行動目標が未達の達成率50%だとしても
数値目標である、とりわけ利益が

目標の130%の達成率であれば
起業家としてはOKです。

もちろん、行動目標が半分で数値が達成しているわけなので
達成後は行動について目標の立て方は

細かく見直す必要はありますが。

行動目標も未達で利益目標も未達では
話にならないわけですが

(そもそも行動が未達だと活動量が足りなくて数値が未達だったのか
見直す材料がないわけですので)

行動目標 未達
数値目標 未達
→ ×

行動目標 未達
数値目標 達成
→ ◯

もちろん
行動目標 達成
数値目標 達成
→ ◯

ですので、そこは強く意識してまいりましょう。

くれぐれも自分はこれだけ行動したのだからOKだよねという
変なやり切った感に満足してしまわぬように ですね。

簡単ですが、今日はここまでー。

 

【一言】;

今週は商談や打ち合わせこそあれ
名古屋を離れることは1度もありませんでした。

ですが、明日は西に出張します!


メールアドレス(必須)