いつもありがとうございます。
鈴木英広です。

寒い日が続いていますね。

先週末のことですが、
名古屋は1年ぶりくらいに降雪があり

夜間は路面が凍結していました。

また、今週火曜日に久しぶりに朝7時台の新幹線に乗って
首都圏に商談打ち合わせに行ってきたのですが

米原あたりの雪の影響で
少しだけダイヤに乱れが生じていました。

ということで、また降雪があるかもしれませんし
まだまだ寒い日が続きますが、

がんばってまいりましょう。

さてさて、最近のあれこれを書こうと思います。

資本金を増資することにした話。
勉強会を開催した話。
数社と打ち合わせや商談をしてきた話。
税金を払ってきた話。

こんな感じでいきます。

まず、資本金を増資することにした話。

今回、日本法人の資本金を増資することにしました。

増資額は700万円で、現状弊社の資本金は300万円ですので、
今回の増資で資本金は1000万円になります。

増資は約2年前にもしているので、
(そのときは100万→300万円に増資)

今回で2回目になります。

後ほど説明しようと思いますが、
今回増資する主な理由は、

財務体質の強化 という意味合いよりも
信用力の向上 が目的です。

で、直近の話ですが
銀行に行って、私の個人口座から700万円引き出してきました。

鞄の中に大きな現金を入れて買い物に行くとか
そういうことをしたことがないので

今回人生で初めて1度に700万もおろしましたし
そんな大金を目にする機会は私の場合はそうはないので

記念に100万円の束を7つ重ねて、撮影してしまいました。。

超どうでもいい、撮影した700万円の写真はこちら。
興味のある方はクリックして、見てみてください。

IMG_4901

数年前くらいですかね、
現金の束の写真をFacebookなどでアップしてる人

そういう人たちがいましたけど
(いまもいるのかもですが)

最近は減りましたよね。

私の目に付かなくなっただけでしょうか。

怖いのですぐに金融機関に行って
法人口座に振り込みましたけどね。

本題に戻ります。

少しだけ過去の経緯も含めて
資本金の話を書こうと思います。

私の会社の形態は「株式会社」なのですが、

いまは以前のように法人設立時に最低限必要な資本金という縛りが
ほぼないので、

資本金1円 でも法人を設立することは可能です。

2005年までは株式会社の場合は
最初の資本金は1000万円以上でないとダメでしたが、

(有限会社の場合は300万円でしたね)

いまは1円でも、5万円でも10万円でも法人設立は可能なのです。

ただ、それで設立するのは
いわゆるペーパーカンパニーという感じで

登記簿謄本などの見栄えも悪いし、というのもあり
独立後法人を設立するときに

顧問税理士先生からのアドバイスもあり、

ペーパーカンパニーという扱いを受けない、
事業をきちんとやっているという見做しを受けられるであろう

“最低ライン” として

私は最初、資本金を100万円にしました。

当時は先のことをそこまで考えていなかったですし、
そもそもインターネットビジネスでの起業独立、法人設立ですから

本来なら5万円でも10万円でもいいのですが、

アドバイス通り、設立時に資本金を100万円にしました。

で、その後、2014年秋頃に新しい案件に参入することにしたのですが

そのときの条件に、
法人の場合は「資本金300万円以上」という縛りがあり

それをクリアするために増資しました。

で、今回また増資をすることにしたという感じです。

前述していますが、今回増資する主な理由は、

財務体質の強化 という意味合いよりも
信用力の向上 が目的です。

今までとは違い、お付き合いする企業がある程度の規模になったりしてきており
資本金を見られるという機会も増えました。

昔でいう有限会社の資本金300万円では
ビジネスがしにくいという実情があります。

なので、機は熟したかはなんともですが
このタイミングで増資することにしました。

あと、なぜに、個人口座から700万円おろしてるのって
思われた方もいるかもですので書いておきますと

法人を設立するときも、今回みたいに増資をするときも
自分以外の他の方から出資を受けるわけではないのであれば、

個人(口座)から資金を出すのです。

私のように、会社の代表者が自分で、
かつ会社の出資者、株主が100%自分という場合はです。

会社を設立するときに資本金が必要となるわけですが
その原資となる資金は、個人のお金から出すのです。

(人から出資してもらって自分以外が株主になる場合もありますが、
私の場合はすべて自分ですので)

で、今回みたいに資本金の増資をする場合ですが、
それまでに会社が挙げた利益から出すということは出来ないので

個人預金から引き出して、会社口座に振り込むのです。

(ころころ商法改正があるわけですが)

言い換えると、私自身が私が代表を務める会社に対して
出資する という形です。

個人のお金を会社にあげてしまう、、、
出資をして、自分の会社の株式を受け取るということです。

法人設立時には100万円出して、100株を受け取った形で
その後増資をして新たに200株を受け取り、

今回新たに700株を受け取りますので
合計1000株保有している形になっています。

その一方、当然ですが私個人の貯蓄額は
700万円減りました。

追記になりますが、資本金の増資の流れですが、

法人口座に700万円を振り込んだ証拠を
(銀行の法人口座に700万円入金があった明細部分)

司法書士先生に印刷するなりPDFなりで提出して、

各種書類、たとえば増資のために臨時株主総会を開いたことを示す書類など数点を
先生に作成いただき、

そこに社印を押印して、法務局に提出して、
登記簿謄本が更新されれば、

増資手続きが終了となります。

個人口座から法人口座へ増資する額を入金

通帳を記帳して、そのコピーやPDFを司法書士先生へ提出

先生が書類を作成

その後、各種書類へ社印を押印

法務局へ書類を提出

という流れです。

読者の方で将来的に資本金の増資をされたり、
これから法人を設立されたりする方もお見えかと思い、

参考までにご紹介させていただきました。

だいぶと長くなりましたので、
ほかの話はまた書きますね!

今日はここまでー。

【一言】

リスクのないところにリターンなんてない。 ですね。

決断なんて、0.2秒でできる!