自分は常にどう在りたいか?


いつもありがとうございます。
起業家アカデミー代表の鈴木英広です。

クリスマスも終わって、
2017年も残すところ6日となりましたね。

2017年は残り6日もある 
現状未達成な目標もあるけれども

最後の最後まで達成に向けて死力を尽くそう 
と捉えるのか

残り6日しかない 
今年立てた目標は未達成だったなーで

残りの時間を過ごすのか ですよね。

二者択一だとして、

「自分は常にどちらで在りたいか?」

です。

別に2017年が終わりかけているから
書いているわけではなく

何事も最後までやり切って終わるって
大事です。

1か月スパンで考えたときの
毎月の月末などもそうでしょうし、

四半期などの締めなどもそう。

それ以外にも何かにつけて
期日や納期ってありますよね。

結局、最後の最後までやらないというのは
癖、習慣以外の何物でもないです。

いままでそうしてきたから
単純にいまもそうなっている。

いつもいつも中途半端に終わらせてきた
それをずっと繰り返してきた だけです。

それでも困っていないしというのであれば
いいのでしょうが

本当はいつかは変えたいと思っている

本当はそれを良しとは思っていないけれども
変えられずにいる であるならば

少なくとも私は変えるべきだし
変えた方が人生は良くなると感じます。

そこに変えない理由なんてあるのかな。

最近、7年以上の付き合いになる
起業家の友人と話したのですが

(知り合った頃はお互い会社員でした)

いまうまく行っていようがいまいが
何か言っても所詮言い訳以外の何物でもない。

いま稼いでいるかどうかよりも
いつでも 稼げる稼ぎ出せる力を

保有し続けているかのほうが
はるかに重要。

結局近道なんてなく
コツコツを続けられるかどうか。

月並みな言葉だけれども
継続できることが才能。

センスがいい人は世の中にごまんといる。
すぐに成果を出せる人、出せない人がいるのも事実。

ただ、努力を継続できる人がごく僅かなのも事実。

“才能”という言葉は、努力をしない人のために存在していて
才能と言うのなら、努力を継続できることが“才能”。

そんな話をしました。

私も彼も稼げない期間がそこそこありました。

当時うまく行っている人を見て
羨む時期もあったと思います。

でも、やめようとは思わなかったし
実際にやめなかったし

その先のいまです。

一歩踏み出したのなら 結果が出るまで と言うよりも
結果を出す までやればいい。

それだけのことです。

さてさて、昨日まで今年インターネットの物販ビジネスで
駆け抜けた4名との対談音声をお流ししました。

2018年からのヒントになると思います。

是非、どうぞ!

【最後の最後に物販が回ってきました 高橋さん】
⇒ http://officecrystal.com/takahashi777

【週6アルバイトで稼げたのは月に15万円 後藤さん】
⇒ http://officecrystal.com/goto777

【一瞬で消えず、いまも生き残っているという証 平野さん】
⇒ http://officecrystal.com/hirano777

【稼げたのは本気で取り組む理由ができたから 松下さん】
⇒ http://officecrystal.com/matsushita777

今日はここまでー。

【重要】;

現在、起業家アカデミー2018を
期間限定で公開募集しております。

「起業家アカデミー2018」 の受講生となる仲間の募集です。

⇒ http://officecrystal.com/entre2018

(相談受付終了まで残り4日です)

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレス(必須)